子宮内膜症という病気は、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。子宮内膜は本来、子宮内に存在するものですが、このことからも、子宮の内側以外の場所にも子宮内膜が生育している病気といえるわけです。

子宮内膜症は、良性ですが転移や浸潤がみられるように、悪性の腫瘍のような性質を持っています。20~30代の女性によくみられる病気で、現在は200万人の患者がいるといわれています。

子宮の内側以外の子宮内膜は、正常な子宮内膜と同じように女性ホルモンの影響で周期的に増殖し出血しますが、その血液が排泄されないので、炎症したりしてさまざまな痛みをもたらします。

子宮内膜症の原因については免疫異常をはじめいろいろな説がありますが、はっきりしていないのが現状です。子宮内膜症の症状は、主に月経痛と月経困難症です。

月経痛の特徴としては、初経時には痛みがほとんどなく、年月の経過とともに徐々に痛みが増していく傾向にあります。子宮筋腫が原因の痛みとは違い、子宮内膜症では、月経の時に激しい下腹部痛や腰痛が起こります。

sikyuunaimakusho.jpg

子宮周辺や子宮筋層内に内膜が増殖した場合は、激痛を伴うような月経痛の症状もみられ、月経が繰り返されるたびにだんだんひどくなり、増殖が進行すると月経以外のときでも下腹部が痛んできます。

また、子宮の筋肉に子宮内膜症が発生した場合は、子宮の収縮が著しく阻害されるため、子宮内の再生が遅れ月経期間が長くなるなど月経困難症の症状がみられます。

診断では、月経困難症が見られたら子宮内膜症が疑われ、CTやMRIなどで病巣を確認した後、腹腔鏡検査で確定診断をします。治療法は、一般に待機療法、薬物療法、外科療法の3つの治療法で行なわれます。

なお、子宮内膜症は20~70%の割合で不妊症を合併するといわれていて、大きな問題点の1つでもあります。年々、月経痛がひどくなるようでしたら、婦人科検診を受けるようにしましょう。
月経時の不正出血やおりものの異常、また、腰痛や貧血といった日常生活で悩まされているさまざまな症状。病院で検査をしてみると、これらの症状が子宮の病気からくる症状だったということも少なくありません。

子宮の病気とひとくちにいっても、良性の筋腫から癌まで様々。病気の種類によって、症状や特徴などはそれぞれ変わり、自覚症状がほとんどない病気もあれば、ほっとけば命にかかわる病気もあります。

siqu-byouki.jpg
子宮の病気で代表的なのが、月経のある女性の3人に1人が持っているといわれる子宮筋腫です。原因はまだよくわかっていませんが、女性ホルモンが筋腫の成長に関係しているといわれています。

子宮筋腫は良性の腫瘍のため、特に命にかかわる病気ではありませんが、筋腫が成長し大きくなると、不妊、流産、早産などの原因になることもあるため注意は必要です。

そのほかの主な子宮の病気には、子宮内膜症をはじめ、子宮頸がん、子宮体がん、子宮頸管炎、子宮内膜炎、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープなどがあります。

この中でも子宮内膜症は、年々増加傾向にあって、現在では20代の人にもよく見られるようになったといいます。不妊の原因になることもありますので、早めに治療することが重要です。

子宮の病気は、成人女性なら誰でもかかる可能性はあります。そのため、体調面で特に心配なことが無くても、定期的に婦人科で検診することは非常に大切になります。

なお、不正出血やおりもの異常といった症状は、子宮以外の病気の場合でも見られることもありますので、安易に自己診断はしないようにして、病院で診断してもらうようにしましょう。